社会不適合者で仕事辞めたら、どうする?

 

社会不適合者とは?

まずは、そもそも社会不適合者って正しくはどういう意味なの?ってことで調べてみると、

 

 

 

社会不適合者とは、一般社会の要求に応えて生活することが困難な者のことである。 日本社会においては、空気を読んで、他者とコミュニケーションを取る必要があり、空気が読めない人間は、社会不適合者であることが多い。 社会不適合者は何か特別な才能がない限りは一般企業の社員、又はアルバイトとして働くことが困難である。

 

一般社会の要求ってどこかアバウトで怖さを覚える言葉ですが、人とのコミュニケーションがうまくとれず、雇われて働くというのができない人ってことなのか。

 

  

 

 

なぜ、自分は社会不適合者なのか?

なぜ、そう思ったかというと、もうすぐ

 

「仕事を辞めて、ニートになるから!」

 

 

自分の人生にとってはかなりの分岐点なのかもしれない( ゚Д゚)

 

新卒からあれやこれやで、3つの会社を辞めてきた。

 

 

主な理由は

 

・上司との相性が悪く、その人間関係に耐えられない

 

・休みの少なさに嫌気が差した

 

・土木系で、体力的に無理があった

 

普通に働けないってのは、ざっくり言って社会不適合者に入るのかもな~。

  

 

 

 

社会不適合者は逆に強い

世の中を見ると、雇われることなくたくましく生きてる人は沢山いる!

 

プロブロガーと呼ばれるイケダハヤトさん 

 

 

最近知ったんだけど、月収500万円だって!

 

目ん玉飛び出しそうになるよね。

 

他にも有名な人は何人かいるけど、みんなが口をそろえて言うのが、

 

 

「これからの時代は個」

 

 

確かに、大手企業とかも一つの不祥事などをキッカケに一気に社会的信用を失い、倒産で従業員は路頭に迷うなんて話しも珍しくない。

 

 

ソフトバンクの孫正義さんもこう言っている

「モノ作り大国だった日本が生産性を失っている。知恵・人工知能をもったロボットを導入することで、人間の3倍以上の労働力が実現する。デジタル・ネイティブという言葉があるが、これからは生まれた時から家庭に1台のロボットがいる“ロボ・ネイティブ”の時代が来る。経済の停滞も解決策はロボット。真剣にそう思っている」

 

 

つまり、人間の仕事をロボットがする時代が来るということ。

 

しかもロボットは疲れた~とか手抜きとかしないから最高だよね。

 

複雑じゃない仕事なんかは全てロボットにもってかれそう。

 

そうなったときに、生き抜ける人間になっていないと、ヤバいよね。

 

 

 

ロボットが、せっせと働いてくれるようになったら人間は暇になるから、その暇を上手く潰せる方法を知ってる人が強いんだろうなと思った。

 

ということは、日常をエンジョイして楽しんでお金に変換している人たちが最強だよね!

 

 

 

 

まとめ

これからは、個人で戦う時代が必ず来る!

 

その日に生き抜けるようなスキルなどを身に付けとかないといけないなと感じました。

 

それか圧倒的人気を獲得するとかね。

 

でも、芸能人の方を見てると人気商売は水物で怖いなーと思わされる部分もあるけどね。

 

 

 

それと、熊本で大きな地震があったりとか、やはり天災によって一瞬で今まで積み上げた物がなくなったり、最悪の場合は命を失ったりするのを見ると色々と考えてしまうところがある。

 

そういう自分の力では、どうしようもできないことに直面したりすると、限られた人生を楽しんだもん勝ちなんじゃないかと感じる。

 

 

 

よし、行けるところまで突っ走ってみよう!