アリスインワンダーランド2 時間の旅の感想!ジョニー太った?

f:id:yuhei2261:20160702105738j:plain

映画館で、2016年7月1日の

公開日に見に行ってきました。

 

「アリスインワンダーランド

 ~時間の旅~」

 

マッドハッターのポスターが

綺麗でついつい撮っちゃいました!

 

1を昨日見たばっかなので、

2もスムーズに見られるだろうし、

期待たっぷり。

 

感想や印象に残った場面などを

書いてみたいと思います。 

 

目次

 

あらすじ

1で中国と貿易したいと

航海に旅立ったアリス。

 

1と女優さんも

吹き替え版の声優さんも一緒で一安心。

 

結構声優とか変わってたら、

ストーリーに入っていけない

なんてことありますもんね。

 

そして、その大航海からロンドンに

帰ってくると船を手放さないといけない

かもという危機に陥る。

 

1で、アリスにプロポーズした

男が偉くなっていて、

もうアリスの船遊びはさせないって

イジワルしてくるんだよね。

 

そこにアブソレム

(芋虫から蝶になったやつ)

がやってきて、マッドハッターが危険だと

アリスに伝え、アリスは再び

ワンダーランドの世界へ。

 

マッドハッターを

救うことはできるのか?

という内容となっています。

 

続きは劇場まで!みたいな感じで

締めくくっておきたいと思います。

 

ただ、これからネタバレの要素も

入ってくるかもしれないので、

全く事前情報無しで見に行きたいと

 

思ってる人はこれから先は

あまり見ない方がいいかも。

 

 

ジョニーデップ太った? 

最初、マッドハッターが

登場してきたときに思ったのが、

ジョニーデップ太った?

 

f:id:yuhei2261:20160702112037j:plain

出典:http://www.sponichi.co.jp/entertainment/meikan/ta/demon.html

頬はデーモン小暮閣下みたいなメイクで

細く見えるような感じだったのですが、

顔が丸くなってるなーって

思いながらずっと見てました(笑)

 

てか、デーモン小暮メイクを

ちょっとパクってるのか?

なんてねw

 

でも、途中何回もマッドハッターの

メイクは変わっていくんだけど、

それがマッドハッターの気持ちや

 

感情をうまく表現されていて、

もう見入ってしまいました。

あと、目が異様に大きいなー

カラコンだから?それともCG?

って思ってました。

 

1でも言ったけど、

やっぱりジョニーデップが映画を

自分の物にしちゃいますね。

 

 

タイム

サシャバロンコーエン演じる

タイムというキャラクターが

この物語の大きな柱となっています。 

 

タイムは時間を擬人化したような存在で、

時間を管理しているんだけど、

また良い演技してるのよ。

 

1は面白いキャラクターが

ジョニーデップだけだったけど、

同じくらい存在感のある

 

キャラが登場してくれて

物語が一気に面白く感じました。 

 

タイムの城にある時計だったり

ものすごいメカ感満載のCGが

男心をくすぐりカッコイイ。

 

役立たずと言われてた、

秒や分ってのがチョロチョロ

いるんだけど、合体してロボットみたい

になるところとかは、

トランスフォーマーを思い出したもんね。

 

 

ネタバレ

この物語の肝に

ツッコミを入れさせてもらいます。

 

白い女王よー

お前のせいかよー

 

クロノスフィアというタイムマシンで

時間をさかのぼっていくんだけど、

この物語の発端は

 

白の女王と赤の女王の

たわいのないケンカや

嘘がキッカケ。

 

赤の女王は

謝ってほしかっただけなんだよな。

 

それと、結末はクロノスフィアの玉を

最後元の場所に戻さないと

世界が無になってしまうというもので、

 

みんなが次々に無とかしてしまい、

最後はアリスの手に運命が託される。

 

間に合うか間に合わないかというので、

一回間に合わなかったんだけど、

ビリビリって通電してなんとかセーフ。

 

間に合ったんかーい!

ってツッコんじゃいましたけど、

あれはそうならないといけないよね。

 

じゃないと、とんでもない

バッドエンドで終了ってなってしまうし。

 

 

映画で伝えたかったこと 

白の女王がタルトを食べたのに、

食べてないという小さなウソから始まり

ここまで事が大きくなってしまった

というところから、

 

シンプルに嘘をついちゃいけないよ

ってことが伝えたかったことの

一つじゃないかな。

 

 

もう一つは、マッドハッターが

うつ病みたいになってしまい、

それを治すために

マッドハッターの家族を救い出す

 

という流れになっていくのですが、

やっぱりこの映画で伝えたかったのは

家族を大切にしようということ。

 

マッドハッターも

「家族に替えは効かないもんね」

としみじみと最後言っているシーンには

家族愛にジーンときちゃいました。

 

 

そして、タイムが言った名言。

 

「過去は変えられないけど、

 過去から学ぶことはできる」

 

結局、この言葉通りアリスは

過去を変えることはできなかったけど、

学んで前向きに強く生きていく姿勢に

変わっていました。

 

色んな作品でも、

過去行くというのがあるけど、

おかしなことをすると

その後の未来が変わるから

重罪みたいなことありますもんね。

 

 

まとめ

2の時間の時を見ての感想を

一言で言うなら

 

1の10倍面白かった!

 

1はお馴染みのストーリーという感じで

少し退屈してたのですが、

2はもう別の映画かと思うくらい

面白かったです。

 

映画館で見ると迫力もあるし、

映像もまた綺麗でした!

 

1で、アレ?と思った方も

ぜひ2を見てほしいと思います(^^)

 

www.tsurulog.com