進撃の巨人20巻の感想!エルヴィンの名言に涙すること間違いなし

f:id:yuhei2261:20160811090935j:plain

買ってきたよ、20巻

表紙の絵もいい。 

エルヴィン団長(涙)

 

 

進撃の巨人

いつも進撃の巨人を買うと、前回の内容を忘れがちになってしまう自分w

 

19巻を読み直すと、ウォールマリア奪還作戦を実行中、テナガザルみたいな獣の巨人が待ち受けていた。

 

そして、エレンVSライナーでエレンが勝つも超大型巨人(ベルトルト)がとてつもない爆風と共に出現して調査兵団は大ダメージを負ったという話だった。

 

ライナーは完璧には倒せてなかったけど、脳みそをもう巨人と同化したみたいなギリギリの状態になってたからもうライナーはほぼ終わった感じ。

 

ベルトルトがやけに冷酷で怖さ満載でどうなるの?って終わったから超楽しみにしてた20巻。

 

大事に読んでいくかな!

 

 

20巻の感想

ネタバレ情報も含まれるから注意して見てね)

 

超大型巨人が家を吹っ飛ばして、家が空から降ってきてエレンの家かもしれないってシーンでコニーが言った「エレンの家ぇぇがあああ」ってところでフリガナがイエーガーってなってて、エレンの名前をダジャレみたいに使ってきたシーンを見て、しょっぱな笑わせてもらったw

 

ドキドキしながら20巻読み始めたんだから、作者もっと緊張感持ってくれよーってツッコみたいと思ってたら、サシャがコニーを殴ってくれてた(笑)

 

超大型巨人は壁を越えられないから長期戦で戦おうとするも、やはりその作戦は不利だと気づき、少ない兵士で倒さないといけなくなる。

 

外はリヴァイと兵士たちが巨人たちを倒している中、

「目指すは完全試合(パーフェクトゲーム)だ」

と獣の巨人が大きな岩を砕いてものすごい速さで投げつけてきて、兵士たちがバッタバッタやられる。

 

あの猿ヤロウまじ調子こいてて腹立つわー。

 

壁に向かう超大型巨人を止めようと足に捕まるエレンだったが、サッカーボールキックで簡単に吹き飛ばされてしまうっていうw

 

雷槍をミカサが打ち込むもビクともせず、絶望するみんなだった。

リヴァイもこれはもう無理だから俺が獣の巨人のおとりになるから、エレンにエルヴィンと数名を乗せ、逃げろと提案するとまだエルヴィンに策があった。

 

「ここにいる新兵と私の命を捧げれば、お前は獣を仕留めることができるかもしれない」

早く言えよな、もったいぶってよー。

 

そして、リヴァイの決めゼリフ!

「夢を諦めて死んでくれ

 新兵達を地獄に導け

 獣の巨人は俺が仕留める」

 

キャー、リヴァイファンにはたまらない名言が出たな、こりゃ♡

 

リヴァイを獣の巨人のところに辿り着かせるためのおとり、つまり心臓を捧げてくれという悲しい指示を兵士たちに頼むエルヴィンがこれを超える名言が飛び出す。

 

「人はいずれ死ぬ。

 ならば人生には意味が無いのか?

 あの兵士達も無意味だったのか?

 いや違う!

 あの兵士に意味を与えるのは我々だ!

 我々はここで死に

 次の生者に意味を託す!

 兵士よ!戦え!」

 

これは泣けるね。

今から必ず待つ死を恐れず兵士達の士気を高めるとはまさに団長は集団のトップにふさわしい人だな!

 

なんか悲しい歴史だけど、日本の神風特攻隊と重なるように思えた。

そう思ったら、余計涙が出てきそうになった。

もう、この時点で完全に神回だろ(涙)

 

エルヴィンが馬で先頭を走り、石が腹部に当たり倒れるもみんな走り続ける。

 

そのおかげで、リヴァイが獣の巨人に辿り着き、まずは手首を斬り落とし、目を攻撃して視界を奪い、瀕死の状態にするも誰かを巨人にしてコイツを食べないといけないと考えていると四足歩行の巨人がパクっと食わえて逃亡。

 

あの犬みたいな巨人のやろう、腹立つわー(怒)

 

一方、鎧の巨人が起き上がりまさかの復活。だけど

「超大型巨人が少し細くなってる」

消耗戦になると痩せるというのはちょっとウケた。

最終的にはアンガールズの田中みたいになるのか?w

 

エレンとアルミンでベルトルト。

残りのミカサ達でライナーと戦う。

 

サシャとジャンが犠牲になるも、ハンジの助けがありミカサが雷槍でライナーを撃破。

 

そして、アルミンの陽動作戦が成功し、ベルトルトを倒すも・・・

アルミーーーーーン!(泣)

 

というのが20巻の内容。

 

 

まとめ

いやー、今回はこれまでにないくらいの読み応えで最高に面白かった!

これまで進撃の巨人を読んでてよかったと思える20巻だった。

 

表紙に書いてあった、自らの命というのはアルミンのことだったんだな(

まだ読んでないという人は絶対読んでみて! 

それから、21巻の予告で

「一つの命が失われるのならば、もう一つの命は・・・。」

のもう一つってのは誰のことを言ってるだよ。

 

超気になるじゃないか!

エレンのことなのかな?

 

それとスケッチ画みたいな絵には、四足歩行と猿野郎が登場し、エレンはベルトルトを人質に「それ以上近づいてみろ!」と脅すようなシーンが描かれてる!

 

猿野郎は、ベルトルトのことなんかなんとも思ってないだろうから不利だぞ、エレン!

21巻の発売日は2016年12月9日予定だって。

 

もうその時期は冬で寒くなってるんだろうなー、猛暑の今からは想像もできないよ。

首を長くして待つとするか。