SCOOPのネタバレ感想!チャラ源への借りの答えは雑誌にあった!

f:id:yuhei2261:20161002110654j:plain

どうも、さんちゅうです

 

 

 

「怒り」に続いて、公開初日に見てきたのが映画

SCOOP」 

 

 

 

監督がモテキを作った大根仁というのを知って、

モテキ大好きだからこの人の作る映画なら

間違いないっしょ!ってことで行ってきたから

今回もまた、感想書いていきます 

 

 

 

目次

 

 

SCOOP(スクープ)

f:id:yuhei2261:20161002111029j:plain

映画館行ったら、こんな大きいポスターが

貼ってあった! ❗

 

 

 

それじゃあ、まずはこの「SCOOP」が

どんな内容なのかあらすじ紹介。

 

 

 

写真週刊誌「SCOOP!」に所属し、

数々のスクープ写真を撮ってきた

カメラマンの都城静(福山雅治)。

 

 

 

しかし、今ではギャンブルに溺れている上に

借金に追われつつ、フリーランスの

パパラッチとして生活していた。

 

 

 

そんな中、「SCOOP!」に配属されてきた

新人記者・行川野火(二階堂ふみ)と

タッグを組むことに。

 

 

 

情報屋のチャラ源(リリー・フランキー)

からのネタと場数を踏んできて培った

ベテランならではの勘を武器に

次々とスクープをものにする静たちだったが、

やがて大きな事件に関わることになり……。

 

 

 

都城静(みやこのじょう しずか)に

行川野火(なめかわ のび)って

2人の名前のインパクトがスゴイな

って思ったよね。 

 

 

 

福山雅治も最近、家に侵入されたという

事件が懲役1年の判決が下ったり、

ライブでテープを発射する機械で目をケガした

スタッフがいたりと話題で持ちきりだから、

この映画の注目度も高くなるかな?😏

 

 

 

文字だけだと、見たい気持ちが沸き起らないから、

予告動画も見てない人はぜひ👍 

 

 

 

youtu.be

 

 

他の映画のときにこの予告見てたけど、

映画を見終わってから見返すと、

 

 

 

この映画の魅力が

全然伝わってない

 

 

 

これはすごく良い意味で

伝わってないってことね!

 

 

 

 

感想

 

それじゃあ、これからネタバレ度30%くらいで

これから見に行くかもって人に支障が出ない程度に

感想を書いてみたいと思います👍

  

 

福山雅治ファンは見ない方がいい? 

 

冒頭から度肝を抜かれる! 

 

 

 

そして、この演出を提案したのは

福山雅治なんだって😳

 

 

 

監督もここまでやってもいいのか?

と驚くくらい汚れ役を買ってくれた福山雅治。

 

 

 

家族連れとか初々しい付き合いたての

カップルとかには刺激が強くて半笑いというか

苦笑いというような表情になるだろうな~😅

 

 

 

その他にも、ちょっと暴力的というか

乱暴な態度をとったり、

キレイな女性陣とのキスシーンやラブシーンが多いから、福山雅治を真剣に愛してます!

って人が見たら失神するレベルかもw

 

 

 

 

張り込みの臨場感

 

静(福山)が新人の野火(二階堂)と

芸能人のケツを追っかけるため、

車で張り込むシーンが多くあるんだけど、

それがリアルで臨場感がある

 

 

 

それは、大根仁監督が実際にある女優の

張り込みに同行するなどの事前の取材

などをしてたようで、そういうのが

生かされてるように感じた。

 

 

 

芸能人の車のナンバーをメモして

携帯の電話帳にメモしてたりとかね📱

 

 

 

 

チャラ源

 

さっき、予告動画をディスってしまったけど、

リリーフランキー演じる

チャラ源ってキャラクターがホントすごいのよ!

 

 

 

序盤はただのだらしないオジサン

って感じなんだけど、

途中笑いを誘ったりもしてくるんだけど、

ラスト

とんでもないことになるのよ、

マジで😳

 

 

 

これは話したいけど、

見た人としか共有できないのがもどかしい😵

 

 

 

もう、この映画を喰ってたかもしれない

っていうくらいの重要人物!

 

 

 

リリーフランキーは、役作りに

ボクシングジムに通ったりしてたようだから、

そのパンチの切れ味に注目w

 

 

 

 

まとめ1

 

笑いあり、セクシーあり、

怒涛のラストシーンで涙ありと

ものすごい映画❗

 

 

 

モテキも好きだったけど、

それを超えるくらいの

面白い作品だった!

 

 

 

福山ファンしか見ないんだろうなって

どこかで舐めてた感とモテキの監督だから

見るかって気持ちがせめぎ合ってたんだけど、

完全に土下座態勢に入らなければならないm(_ _)m

 

 

 

ぜひ、というか必ず見に行ってみて

 

スポンサードリンク

 

 

ネタバレ感想

 

ここからは映画見終わった人ように

ネタバレを気にせず感想を書いていくから

見終わってないよーって人は見てからにしてね🙏

 

 

 

序盤はくさかった

 

「マジ最悪ですね」

 

 

 

とか言う、のび(二階堂ふみ)のキャラが

うざく感じたりとか

 

 

 

静(福山)が、編集部に入って

イスとか机を蹴り飛ばしたりだとか、

ガムを食っちゃ食っちゃやたら食べるシーン

とかはちょっとやりすぎじゃね?って思った🌀

 

 

 

 

憧れた

 

静の乗ってる車、中古って言ってたけど、

艶消しみたいなベンツのゲレンデに乗ってて

超カッコいい✨

 

 さんまさんとかタモさんも乗ってるんだって!

 

 

 

ダウンタウンの浜ちゃんと

フットボールアワーの岩尾も乗ってたのを

テレビで見たような気がする👀

 

 

 

中古でも500~1000万くらいする車だからね🙄

 

 

 

それと、カメラも良かった~📷

 

 

 

キャノンの1D Xとか終盤に出てきたのは、

福山雅治の私物のライカなんじゃないか?

って思ったけど、どうなんだろう?

 

 

 

それから、なんか朝まで仕事したりとか

不規則な生活だけど、目的を達成するまで

絶対やり遂げてから倒れるように眠るんだろうなー

というような目線で見てたら、なんかそれが

カッコよく見えてきて憧れた✨

 

 

 

俺とか睡眠しっかり取らないと全くダメなタイプで、

昨日もレイトショーで見てきて帰ってきてから

すぐにこの感動を伝えたいって

パソコンの前に座るも睡魔に襲われて

すぐ寝たし💦

 

 

 

また張り込んでるときの

静のセリフがシビれたよね!

 

 

 

「この仕事は99%は何も起きない」

 

「かたぎが寝てる間にネタがあるんだよ」

 

 

 

ちょっと言い回しは違うかもしれないけど、

パパラッチという芸能雑誌のカメラマン

の仕事をギュッと凝縮して紹介してくれた

ような気がして、名言だなって思った!

 

 

 

それと「小さい頃、何になりたかったの?」

って二階堂に聞かれたときのセリフ。

 

 

 

「いつか、何者かになれるって思ってたけど、

結局俺にはカメラしかねーんだよな」

 

 

 

できることがこれしかないっていう状況が

すごく羨ましく感じた🙄

 

 

 

 

キスシーン

 

さすがモテキの監督だけあって、

セクシーなシーンも多かった💕

 

 

 

冒頭の車でのシーンから始まり、

福山雅治と二階堂ふみの濃厚な絡み💋

 

 

 

下着姿の二階堂に耳をチューしたり、

内ももキスや股にうずめたり・・・😳

 

 

 

やっぱりかーとも思ったけど、

映画終わってからの帰り道で、

後ろにしたお姉さんが

 

 

 

「二階堂の限界ってあそこまでなんだよね、

あそこまでで終わったら変じゃない?」

 

 

 

って、つぶやいてた(笑)

 

 

 

確かにもっともっとって過激でリアルな物を

求めちゃうけど、色々お互いのファンもいるし、

そこは大人の事情ってやつなんだろうな

って思ったw

 

 

 

二階堂ふみより、俺は定子(さだこ、吉田羊)

の方がすごく生々しく見えて刺激的だったな👀

 

 

 

二階堂が福山の自宅で突然キスしよっかな

ってタイミングで登場した吉田羊!

 

 

 

ここの二階堂のキスする流れは

不自然で嫌いだった🌀

 

 

 

定子とは籍は入れてないけど、

深い仲だった過去があって、

花を持ってセクシーな格好で登場😳

 

 

 

二階堂は気まずくて帰る、

その後ろ姿を見ながら吉田羊は福山と

ディープキス💋

 

 

 

ここはこの映画の中でも、

ベスト3に入る衝撃度だった!

 

 

 

何年も同棲してたってのが伝わるくらいの

自然さに吉田羊ってすげーなって思った!

 

 

 

あと、定子と野火が2人っきりのシーンも

後半いくつか出てくるけど、

定子の人生経験豊かで男が浮気しても、

いってらっしゃいって言ってくれそうなくらいの

余裕感を感じた。

 

 

 

それと、斎藤工が政治家として出てたけど、

ホテルで花火を眺めるシーンは

女子は手で顔を隠すけど実は見てるって

ポーズになっちゃってただろうね😎

 

 

 

でも俺は男だから、その隣にいた女子アナの

桃パイこと上原桃を演じた

護あさなに釘付けだった👀

 

 

 

グラビアをやってる子みたいなんだけど、

これはクルな!って

リトルさんちゅうが叫んでたよねw

 

 

 

  

チャラ源

 

もうチャラ源の映画と言ってもいいくらい、

すごい存在感だった❗

 

 

 

もうリリーフランキーの

鬼気迫る演技に目を奪われた

 

 

 

映画を見終わって疑問点として残ったのが

‟借金”‟借り”

 

 

 

「いい加減、チャラ源と切れなよ 

 あいつのせいで、あんた人生を

棒に振ったんじゃない」

 

と定子に言われ、

 

 

 

「俺みたいなのとつるんでたらダメになるぞ。 

 切りたくなったらいつでも切ろよー」

 

 

 

と本人も言うくらいチャラ源はヤバイやつで、

二階堂が捕まったときも助けに来て

ゴリゴリの不良たちをパパンっと

軽くやっつける姿に強いなーって

途中までは笑えたんだけどね〜😅

 

 

 

f:id:yuhei2261:20161002135616j:plain

映画では語られなかった答えが

この雑誌の中にあったから、

少しネタバレします!

 

 

 

チャラ源は元プロボクサー!

 

 

 

だから、あんなに強かったんだな(笑)

 

 

 

ジャッカル源ってリングネームで活躍したけど、

惜しくも世界チャンピオンにはなれなかった。

 

 

 

チャラ源はボクシングを引退後、

悪い組織と関係を持ちお店を出し、

そこを拠点に情報屋になる。

 

 

 

借りというのは、少女をお金で買っていた

大物政治家をチャラ源がホテルに軟禁し、

静が写真を撮れるようにして

スクープできたんだけど、

政治からの圧力を受け

静は会社を追い出されしまう。

 

 

 

これだと、借りがあるのは

チャラ源の方なんじゃないか?

って思えてきそうなんだけど、

警察に捕まるも静のことは何も言わず

暴行などの罪で懲役8年

 

 

 

破天荒な感じだから、

初犯じゃないのかもしれないけど、

8年刑務所に入るってよっぽどだよね!

 

 

 

静は共犯に近いのに、チャラ源が何も言わず

守ってくれたから刑務所にも行かずに済んだ

というのが大きな‟借り”の答えだった!

 

 

 

‟借金”については書かれてなかったんだけど、

たぶん組織との黒い交際の中で出来た

借金なんじゃないかなって予想してる。

 

 

 

大根監督、2人の過去だけでもう一本

スピンオフで映画作ってください🙏

 

 

 

 

衝撃のラスト

 

狂気という言葉はこういうときに使うのか

思った。

 

 

 

チャラからの電話

 

 

 

「カズコ(元嫁)のとこ来たらさー、

男がいてヤッちゃったんだよねー」

 

 

 

もう支離滅裂で完全に狂ってたよね。

 

 

 

そこから娘を連れながら、

静に最後に写真を撮ってもらうみたいなことを

言ってたけど、もう正気じゃない感じで

目も白目向いてて怖かったし、

リリーフランキーの演技力に震えた😱

 

 

 

警官を3人も命を奪って、

どこか撮影場所を探す。

 

 

 

そして、ラスト、チャラ源と静を撮影しようと

物陰からカメラを構えていた野火。

 

 

 

野火に気づいたチャラ源は

俺の専属カメラマンは静ちゃんだけなんだよー!

と武器を向けるんだけど、

野火をかばってうたれる静😭

 

 

 

スローになってからの

 

 

 

野火、撮れ

 

 

 

いやー、近年見た映画の中でも

かなりの衝撃のラストだった❗

 

 

 

こういうラストに驚かせてくれる系が好きだから、

超シビれた😂

 

 

 

そして、その瞬間を逃さず撮影する野火なんだけど、

ここからの二階堂にはイライラしてしまった。

 

 

 

倒れた静からカメラを回収するときも

涙も無ければ驚いたりもしてないし、

リアクションが薄くて、

ショックでぼう然としてるっていうようにも

見えなかったし、馬場(滝藤)とベンチで

2人で話すシーンも普通だったし😡

 

 

 

「最後までデッドボールだなんて」

 

 

 

って、定子が言ったあとに記事書いて

って言われたのに「書けません」って

言ってたけど、全然書けそうやん!

ってツッコミたくなった😤

 

 

 

そして、最後、写真現像して

自分の寝顔の写真が出てきて記事を書きだす

ところで初めて泣きだすんだけど、

ここで?ってちょっと疑問だったわ💢

 

 

 

泣くタイミングほかにも

いっぱいあっただろうってねw 

 

 

 

 

滝藤賢一

 

馬場を演じる滝藤賢一が

これまた良い演技してた

 

 

 

静が死んでから泣くシーンは、

バカ話をしてるんだけど、なんか泣けたよね😭

 

 

 

吉田羊との出世争いを繰り広げてて、

グラビア、スクープのどちらを推して

雑誌を売っていくのかという

せめぎ合いは見物だったな。

 

 

 

静の最後の写真を雑誌に載せる載せない

っていうのでかなりバチバチだったけど、

最後は載せたんだよね。

 

 

 

俺はそれでいいと思った!

 

 

 

というか、たぶん静ならあの世から

「載せないと許さねーぞ」

って言ってそうな気がした。

 

 

 

2人の戦いはこれでは編集長の座だったけど、

会社とかでこういった次期ポストの奪い合い

ってのはどこでもある日常の話だろうからね。

 

 

 

最初はグラビア推しのただのウザイやつ

って感じだったけど、松永事件で静の下で昔、

一緒に動いてたというのが判明し、

後輩キャラに変わったかと思ったら、

ラグビー作戦決行🏈

 

 

 

ラグビーの試合前にやる踊り

(あとで調べたら、ニュージーランド代表が

試合前にするハカ(HAKA))をして、

松永の顔を暴こうと警察を振り切りながら

向かっていくシーンがあるんだけど、

これは面白かったし、他の人からも

クスクスって笑い声がしてたw

 

 

 

あの白いヘッドギア姿で、

警官をフェイントとかを使って交わしていく姿は

みんな笑っちゃうよねw

 

 

 

途中まで嫌なやつって印象が強かっただけに、

振りが効いてて、それは

滝藤さんズルいっすわー😂

 

 

 

それと思ったのが、

キャストのチョイスが絶妙👍

 

 

 

この間見た‟怒り”って映画は別として、

無駄に有名キャストを使って

豪華にしとけばいいやーみたいな映画が

多くなってる気がするけど、

SCOOPはそうじゃない。

 

 

 

例えば、犯人役の松永だけど、

誰か分からないような俳優を使ってたり、

編集部のメンバーもほとんど知らない人だったし、

有名人を使うバランスが良かったから

物語に入っていけた。 

 

 

 

 

主題歌 

 

エンディングロールで主題歌のところに

福山雅治の文字が出てて驚いた!

 

 

 

主題歌「無情の海に」 

TOKYO NO.1 SOUL SET

feat.福山雅治 on guitar.

 

 

 

ってなってて、ギターで参加してたんだね🎸

 

 

 

モテキもエンディングに今夜はブギーバック

って面白い感じだったから、期待してたけど、

途中、独特なラップというか朗読が入る感じで

やっぱり面白い音楽をチョイスしてた🎵

 

 

 

夜のドライブとかに流したいような一曲!

 

 

 

曲じゃなくて、映画のいろんなシーンでの音楽も

主張しすぎず、でも怖いシーンなら

怖い雰囲気を盛り上げてくれたりとか

すごいしっくりきて最高だった👍

 

 

 

 

監督が伝えたかったこと 

 

「芸能スキャンダルがみんな大好きなのに、

それを撮ってる人たちのことは

ずいぶん見下してる。

 

 

 

撮る人たちも仕事だし、

もっと言えば持ちつ持たれつ

なんじゃないのかな」

 

 

確かに、静が

 

 

 

「俺たちの仕事は、ゴキブリか

ドブネズミ以下なんだよ」

 

 

 

って言ってるんだけど、

ちょっと強めに言ってて、

こういう意味があったんだって思った。

 

 

 

「こういうゴキブリ以下のを

なんでみんな見たがる?」 

 

 

 

って二階堂に問うシーンがあるんだけど、

あれは視聴者や世間に向けて

問うてたんだろうね。

 

 

 

人間、一枚皮をはがしたらとんでもなく

ゲスイ生き物ってことなんだろうね。

 

 

 

 

最後に 

 

最後、見方によってはバッドエンドに

見えるかもしれないけど、

でも見終わって思った感想は、

 

 

 

面白い! 

 

 

 

どこかに偏ることなく、

ほんとバランスの良い映画だなー

って思った

 

 

 

友達とかにぜひ見てほしい!

って自信を持って言える映画

(友達超少ないけどw)

 

 

 

福山雅治は、ジョンウー監督の2018年公開予定の

「追捕 MANHUNT」の撮影にと、

早くも次の作品に向けて進みだしてる!

 

 

 

雑誌のインタビューでも、

芸能スキャンダルが載ってるような雑誌を

毎週買ってはいるけど、今は忙しすぎて

読む時間が無いって言ってたからなー。

 

 

 

47歳であのカッコよさって驚くけど、

生き様までカッコイイとはさすがです!✨