聖の青春のネタバレ感想!映画よりぜひドラマ化してほしい

f:id:yuhei2261:20161107195123j:plain

聖の青春の映画見てきました!

原作を読んで行ったのですが、原作の方が泣きました😭

でも、松山ケンイチと東出昌大を先頭にみんなの熱演はきっと聖(さとし)にも届いたはず!

  

 

スポンサードリンク

 

 

聖の青春のネタバレ感想

原作もある作品ですし、聖(さとし)は死ぬということは分かっていることなので、ネタバレも入れながらの感想を書いていきます!

 

将棋という世界

オープニングからゴミの横で倒れる聖(さとし)。

心配した近所のおじさんに将棋会館まで送ってもらう。

そこで、将棋という異様な世界をのぞき見て驚くおじさん😳

 

持ち時間を計測する時計をバンバンと叩き、殺気立ちながら将棋を打つ子供たち。

女子高生が笑いながら道を歩いている。

 

ここに将棋は楽しい日常とは異次元の世界にあると描いてる気がしました。

原作でも、将棋は神様も入れない世界と書かれてたけど、それだけ神聖な場所ということなんだろうね。 

 

 

原作と違う点

原作を読んでたということもあり、ここは原作通りだとか違うなとか気になってしまいました。

これがいいことなのか悪いことなのかいつも迷ってしまう🌀

 

違った点

・作者の大橋さんが映画では橋口さん

 

・村山が東京で借りたアパートが

 女性が借りるような家だった

 

・染谷が演じた江川が、原作の加藤のような

 場面もあったけど、加藤ではない

 

・柄本が演じた荒崎学が、

 原作の先崎学がモデルなんだろうけど、

 佐藤康光の要素も混ざってて気持ちが悪い

 

他にもたくさん違うところもあったと思うけど、気になりました。

それと、原作にかかれてない部分だと、読んでた少女マンガがイタズラなKissでした。

 

映画を見終わって、Y姉に聞くとイタズラなKissは作者が突然亡くなったから突然連載が終わってしまったという伝説の少女漫画だという話しを聞き、なんか聖とシンクロしてしまいジーンときました💧

 

牛丼は吉野家

「シュークリームはユニオン、牛丼は吉野家、

 お好み焼きはみっちゃん、かつ丼は徳川」

食へのこだわりを語る聖が可愛く思えるシーン。

家族団らんで仲の良い家族というように見えたけど、子供時代の荒れた聖が映画では無かったから深みがないように感じる。 

 

映画よりドラマ化を

2時間映画で聖は語りきれない!

ぜひ、映画じゃなくドラマ化を熱望します。

森先生との奇妙な生活、病気との戦い、聖の性格や人間性など語りきれてない部分がまだまだある。

 

映画では当たり前に大人になった聖でしたが、

「20歳になれるなんて思っていませんでした」 

と常に生きるか死ぬかの瀬戸際を歩いてきた聖のすごさが伝わらない。

 

友情などもあり、先崎に言う

「死ぬまでに、女を抱いてみたい」

という原作でおいおい泣いてしまった場面も、映画ではなんと羽生さんに言うなんて❗

 

実際の聖が、羽生さんにこんなこと言うわけがないとちょっと入っていけませんでした🌀

 

最後に

将棋のパチンという音が際立ち、全体的に静かな映画だったなという印象。

タイミングが悪くお昼を食べずに見たのですが、お腹が鳴って恥ずかしい思いをしましたw

携帯はマナーモードのバイブ音も気になるような雰囲気なので、ぜひ電源から切って見てほしいです。

 

ネタバレになるけど、聖が最後、将棋会館を遠い目をしながら眺めてるシーンで、ここで主題歌の秦基博の曲を流してくれたら泣けたのに~って念じてたんだけどそれは叶いませんでした。

 

見終わったら、原作を見ていないY姉が泣いててちょっとビックリ!

それだけ映画も感動できる仕上がりになってるんだろうけど、映画を見た人全員にぜひ原作を読んでほしいと強く思いました

 

 

原作の感想はこちら!

www.tsurulog.com

 

 

人気記事セレクション

1.逃げ恥の名言、名セリフ集

2.漫画「ミュージアム」の感想!映画も楽しみ

3.広島に北欧雑貨のフライングタイガーが来た

4.ソフトバンクユーザーならサーティーワンがタダ

 

甘いモノがやめられない

【新作】スタバの感想

【新作】ハーゲンダッツの感想

 

コメント大歓迎です!

インスタのフォローお願いします😆♥

www.instagram.com