【映画】海賊とよばれた男のネタバレ感想!綾瀬はるかのラスト切ない

f:id:yuhei2261:20161209094227j:plain

海賊とよばれた男、公開日に見てきました✨

 

男が惚れる男

 

が見られる映画でした!

ネタバレも含め、

感想を書いていきたいと思います😄

 

 

スポンサードリンク

 

 

海賊とよばれた男

主演岡田准一と監督に山崎貴という

永遠の0チームが再び集結!

 

原作は百田尚樹の「海賊とよばれた男」

の映画化ということで、

原作を書いた人まで一緒って、

永遠の0の大ヒットを見ればこれは

確定のパターンというやつだよね!

 

これはフィクションじゃなくて、

モデルとなった人がいると聞いてビックリ😳

 

出光興産の創業者、出光佐三

がモデルになってるんだって!

出光ってあのガソリンスタンドの出光だよね❗

それじゃあ、物語の内容をどうぞ。

 

あらすじ 

異端の石油会社「国岡商店」

を率いる国岡鐵造は、

戦争でなにもかもを失い

残ったのは借金のみ。

 

そのうえ大手石油会社から

排斥され売る油もない。

しかし国岡商店は

社員ひとりたりとも解雇せず、

旧海軍の残油浚いなどで

糊口をしのぎながら、

逞しく再生していく。

 

20世紀の産業を興し、人を狂わせ、

戦争の火種となった

巨大エネルギー・石油。

その石油を武器に変えて

世界と闘った男とは

戦後の日本に、勇気と希望を与える

大事業を成し遂げた男の

実話をもとにした物語!

 

予告動画も見てない人はぜひ。 

youtu.be

 

感想(ネタバレ有り)

ここからネタバレの内容も含めた

映画を見終わったあとの感想を書いていきます❗

 

戦闘機のCGのクオリティ

オープニングは、

戦闘機がブォォォォっと飛んできて、

東京を火の海にする🔥

 

その戦闘機のCGの重厚感がすごく

本物に見えるクオリティ❗

迫力があって圧倒されたのと、

やっぱり映画のオープニングって

大事だなと思った。

 

 

上司にしたい男No.1

国岡鐵造(岡田)は、

自分の中でダントツに上司にしたい男No.1。

 

何事も即断即決で判断し、

部下の頑張りをちゃんと見て評価し、

部下のやる気を引き出す。

優柔不断な自分からしたら羨ましすぎる性格。

 

会社の経営が行きづまりそうになったときも、

誰一人社員をクビにしないし、

会社は君たちがいるから成り立ってる

というのを本気に心で思って言える凄さ✨

 

店員はもう自分の家族の1人

という温かさだったり、

こんな人の下で働けたら

どれだけ幸せなことか。

 

タンクの底の石油をかきだすという

誰もやらないような難しい仕事も、部下達は

「店主(岡田)の言うことはやり遂げたいんだ」

というシーンは国岡という男の

信頼性の厚さが伝わってきた!

 

俺は逆に信用ならんのんよ

って最近よく言われてるっていうね😅

 

こんな社長のためにって頑張ってる社員が

夜の中どれだけいることか。 

 

 

昔の結婚にビックリ

鐵造(岡田)のお兄ちゃんがやってきて、

「嫁もらわんか、よし決まりー!」

っていうので結婚が決定!

 

結婚のハードルが高くなっている今だから、

こんな結婚って簡単なんだ!

って拍子抜けするような感じがして面白かった。

 

もう男女せーので一緒になれば

あとはなんとかなるものかもね。

難しく考えすぎなのかな?

 

 

綾瀬はるか(ユキ)

ユキという綾瀬はるかが嫁としてやってくる。

幸せなように見えたけど、

鐵造(岡田)が仕事に打ち込んで忙しいことと

寂しい思いや

子供が産めない体ということもあり離婚🌀

 

鐵造(岡田)のお兄さんが

追い出したというようにも見えたけど、

それは違い、会社の跡取りになる子供を

産めなかったということを重く受け止め

ユキ(綾瀬)が自ら決断したことだった❗

 

これは切ない気持ちになるシーンだったけど、

もっと切なかったのがラスト!

 

綾瀬はるかは鐵造と別れたあと、

再婚はせず、ずっと鐵造のことを

思っていたというのが明らかになったけど、

ずっと1人で生きたんだと思うと

胸が痛くなった😭

 

ユキ(綾瀬)も再婚して

幸せに生きてほしかったな~。

鐵造はしれっと再婚してたし、

俺がユキなら逆に不幸になれぇ~

って念じてそうだわw

 

 

鈴木亮平の英語力

鈴木亮平演じる武知甲太郎は

GHQと一緒に働いてたということで

英語が喋れるという役どころだったけど、

鈴木亮平の英語をしゃべる姿を見ていて

カッコイイなぁと思った✨

背も高いし、ありゃモテるな💕

 

 

エネルギー戦争

エネルギーが石炭から石油に

転換しようとしていた日本。

メジャーというアメリカの大手石油会社から、

石油を輸入できないようにされる国岡商店。

 

他の会社は合併吸収されたりと折れるなか、

真向から立ち向かう鐵造(岡田)!

 

でも、その代償として、

染谷将太演じるハセさんが

戦闘機に乗ってるときに襲われ死んでしまう

んだけど、これは悲しかった

 

鐵造も机を叩き、怒りに震えてたけど、

ホント人間って争いが好きな生き物なんだな

って思った🌀

 

石油を仕入れることができないならと、

自社のタンカーでイランまで石油を

取りに行く国岡商店だけど、

 

そこでもイギリスの戦艦がそうはさせないと

邪魔しそうになったり、

その後CIAがイランでクーデターを起こさせて

取引できないようにしたりとかまあ醜い😩

 

土地を取り合ったり、

エネルギーを取り合ったりと

戦争ってこれからも無くならないのかな。

石油も無限じゃないだろうから、

無くなってきたってなったらえらいことやぞ! 

 

 

名言 

映画の中で気になった名言を書いてみます!

 

・ダメならみんなで乞食になろう

鐵造は、たとえ最悪の事態になったとしても

こういう考え方ができるから

チャレンジしていけるんだろうね。

 

 

・しゃーしぃのきさん

若い頃の鐵造が機械油を買ってもらおうと

回っているときに、

相手にしてもらえず言い放たれた一言。

福岡にいたことがあるから、

なんか懐かしい思いになった。

 

この言葉は汚い言葉で、

「めんどくさいのぉーお前は」

みたいな意味かな。

 

 

・違う!熱が足りんのよ!

銀行に融資してもらおうとするも

1円も貸してもらえないと悩む

ピエール瀧に言った鐵造の一言。

これはどんなことにも

当てはめることができる名言だよね!

 

 

・国岡のもんよー、船を出せー 

エンディング直前に、

みんなで船に乗って言うセリフ。

そこに綾瀬はるかが乗ってたのが

なんかジーンときた😢

 

 

・いっちょやってやろうやないか

何かに立ち向かうときは

こう叫んでいこうと思う。 

 

 

まとめ

海賊とよばれた男を見てきたけど、

仕事で悩んでる人や何かにチャレンジしたい

と思ってる人は勇気をもらえるような映画

になってると思います。

 

でも、見ている人の年齢層も高めだったけど、

なかなか渋めな映画だったから

10代、20代のカップルというよりは、

30オーバーがターゲットになってるような

気がしました。 

 

見てないから違ったら悪いけど、

多分永遠の0の方が面白い気がする🙄

 

 

評価

10点中、6.0点

この前見た、聖の青春もそうだったけど、

小説の方がもっと深くて面白いんだろうな

って思いました。

 

 

関連記事

1.ファンタスティックビーストの感想

2.聖の青春の感想

3.デスノートの感想

4.何者の感想