軽症高額該当の33,330円の壁を突破するため先生と押し問答に

 

どもー、さんちゅうです😄

特定医療費支給認定の届けを出した

のが前回。

www.tsurulog.com

 

そのときに言われた軽症高額該当!

審査結果が出るのは、4.5カ月後っていうし、

それまでに、この軽症高額該当を使って

審査を有利に運びたいという思いの中、

病院へ行ってきました💨

 

スポンサードリンク

 

 

軽症高額該当、33,330円を超えるために

軽症高額該当の条件は、

10割負担で、33,330円以上支払う月が

1年に3回以上あること!

 

病院では、3割負担で支払いをしてるから

それを10割で計算するのってどうやるの?

って調べたら、昔習った数式のようなもの

が出てきてめんどくさいなーと思ったけど、

もっと簡単な方法を発見👍

 

領収書にある〇点って表記されてる点数に

0を足してやるだけだけ!

例を出すと、

100点=1000円(10割負担)

 

 

先生と押し問答

33330円まで、10割負担で

あと24000円足りないというのを

事前に計算し準備はOK。

先生に呼ばれて診察室へ。

良い先生だから、正直に言おうと思い、

 

自分「特定医療費支給認定の

   手続きしてきたんですけど、

   制度が変わったとかで

   審査が厳しくなったみたいなんです。

 

   まだ審査はどうなるか

   分からないんですけど、

   役所で聞いたら

   軽症高額該当っていうのがあるって

   教えてもらって、

 

   それであと今月24000円いけば

   条件を満たすんで薬の量を

   超えるように調整してもらえない

   でしょうか?」

 

先生「薬の調整は大丈夫ですよ」

 

自分「ありがとうございます。

   これで12月分は超えるんで、

   S病院(紹介してもらった病院)は

   1月に行かせてもらおうと

   思ってるんですけど」

 

先生「なるべく早い方がいいと思いますよ」

 

自分「もちろん先生の立場から言えば

   そうなるのは分かるんですけど、

   ちょっと金銭的にキツイのと

   医療費控除の審査に通らないと

 

   長い目で見て毎月の医療費がキツイので

   ワガママなのは分かってるん

   ですけど、、、」

 

先生「いや、それでも早く行っといたほうが

   いいと思いますよ」

 

ちょっと、事の経緯が分からない部分も

多いかもしれないんだけど、

12月末にS病院の予約が決まってたんだけど、

12月分の条件はクリアしてるから

1月に予約をずらしたら、

1月分も33330円を超えやすくなるんじゃないか

というのが自分の主張。

 

S病院は大きい病院だから

3割負担で1万以上はかかるかも

って聞いたから、

尚更12月に無理に行かなくても

いいんじゃないかって思ったんだけど、

先生はなるべく早く行った方がいいの

一点張り。

 

先生の立場からしたら、

早く行って診てもらった方が体には良い

っていうことだろうし、

もちろん心配してくれてるのは

十分伝わってる。

 

それは分かってるけど、

自分にも生活があるし、

今仕事もしてないし経済的に厳しい

って言っても先生は、う~んって感じ🌀

 

もうそれじゃあ、先生が費用出してよ

って言いたくなったよね。

 

医療費控除の審査が通らないと

もう俺金ないし、病院通えなくなっちゃうよ!

でもそれは死活問題だからなんとかしよう

としてるのにちょっと察してよ~😭

 

最終的には、薬をいつもより多くもらい

12月分はクリア❗

 

あとは1月以降で、

33330円を超える月があれば、

軽症高額該当になり

医療費申告書っていうのを

役所に提出しにいける。

 

今日は、先生との押し問答で、なんか疲れた💧

薬をただ多めにもらいたい

ってことだけ伝えて、

医療費控除関係の話題は出さんほうが

正解だったかなって後悔😓

 

押し問答

互いに自己主張して議論が進まないこと。

 

まさにこれだったな(笑)

 

つづく。 

www.tsurulog.com

  

関連記事

1.血便が出て検査したら陽性だった

2.特定医療費受給者証を更新しとけばよかった

3.潰瘍性大腸炎が再発した?

4.大腸内視鏡検査 前日

5.大腸内視鏡検査 当日